記事一覧

独自の自動巻き機械式ムーブメント&GMT搭載

「タンブール カーブ GMT フライング トゥールビヨン」には、ルイ・ヴィトンのウォッチを生み出す「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」が独自開発した自動巻き機械式ムーブメント「キャリバーLV82」を採用し、海外の時間表示に実用的なGMTを搭載。
新型オメガ シーマスター アクアテラはどう変わったの
ダイアル上には第2のタイムゾーンを配置し、右サイドにはクロノグラフ時計を彷彿させる2つのプッシュボタンをあしらった。このプッシュボタンを操作することで、3時位置のオープンカウンター内にあるGMT専用インディケーターを簡単に動かすことができる。

オープンワーク仕様のダイアルは、2つのパーツで重層的に構成されている。9時位置に配されたフライング トゥールビヨン キャリッジの「V」は、3代目当主ガストン-ルイ・ヴィトンが考案したロゴ。また、カウンターの間にも「V」を忍ばせ、遊び心のあるアクセントを効かせている。

直径35mm・厚さ5.7mmのキャリバーは、スケルトンの裏蓋を通して眺めることが可能だ。ゼンマイを巻き上げて65時間のパワーリザーブを保証する18Kピンクゴールドのローター、円状サテン仕上げとショットブラストを組み合わせたブラック1色のコンテンポラリーな仕上げなど、伝統と現代性を融合させたムーブメントでの精巧な作りを確認できる。

ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計

ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)の腕時計コレクション「パトリモニー」の「パトリモニー・オートマティック」より新作のユニセックスモデルが登場。通常モデルは2019年12月、ベゼルダイヤ付きモデルは2020年2月の発売を予定している。

「パトリモニー」は、2004年に誕生した、無駄の無いミニマルなラウンド型フォルムと洗練された表情が魅力の腕時計シリーズ。今回登場する「パトリモニー・オートマティック」の新作モデルでは、ミッドナイトブルーのダイヤルとピンクゴールドのケースを組み合わせた、36mmと36.5mmの2サイズを用意する。

ミッドナイトブルーのダイヤルの上には、ケースと同色のピンクゴールドのアワーマーカー、ミニッツトラック、針を配置し、統一感のあるエレガントな印象に。さらに、12時位置にはヴァシュロン・コンスタンタンのマルタ十字ロゴとネームをデザインした。


通常のモデルに加えて、ベゼルに68個のラウンドカットダイヤモンドをセットしたモデルも登場。ベゼルだけでなく、リュウズにも輝く1粒のダイヤモンドを使用している。

また、透明のケースバックから覗くのは、ヴァシュロン・コンスタンタンのマルタ十字を象った22Kゴールドのローターが目を惹く、自動巻きムーブメントのキャリバー2450 Q6/2。なお、通常モデル、ベゼルダイヤ付きモデルともに、ダイヤルと同じミッドナイトブルーのアリゲーターストラップが付属する。

ヤコブ イェンセンの腕時計「クラシックシリーズ」新作

ヤコブ イェンセン(JACOB JENSEN)の腕時計シリーズ「クラシックシリーズ」から新作モデルが登場。2019年11月29日(金)より、時計のセレクトショップ「ノルディックフィーリング」各店にて発売される。

2019年8月にリニューアルした「クラシックシリーズ」。ツートンカラーのダイヤル、ケース、ストラップが特徴の同シリーズは、ニューヨーク現代美術館のコレクションラインナップに加わるなど、ヤコブ イェンセンの代表的な腕時計の一つとして愛されてきた。


今回登場するのはネイビーとシルバーのカラーリングのモデル。カジュアルにもシックにも合わせやすいネイビーを取り入れ、ユニークなビジュアルながら様々なコーディネートにマッチする一本に仕上げた。

また、風防のガスはキズの付きにくいサファイアガラスを使用。ケースサイズは32×38mmと24×30mmの2型で用意するので、ペアウォッチにも最適だ。

「トリオンフ キャンバス」に限定”ホワイト”ボストンバッグ


先行販売アイテムとして、2019年冬コレクションで発表されてから人気を博す「トリオンフ キャンバス」シリーズより「トリオンフ キャンバス ホワイト」が登場する。その中でもボストンバッグは、今回の限定ストアでしか手に入らないアイテムだ。

シルバーまたはブラックのワントーン


カラーリングは、スタイリッシュでクリーンなオールシルバー、またはソリッドで存在感のあるオールブラックのワントーンに。ミニマルな文字盤にはバッグで使用されている生地の織模様をイメージしたパターンをあしらったほか、ブランドマークの「m」の字を模した特殊形状を採用した秒針を採用。半分をイエローに染めた一本の針が、ミニマルなルックスのデザインアクセントとして一役買っている。

カサブランカ


名作映画にちなんで名づけられた「カサブランカ」。時計が流体の一部になるイメージから誕生したフォルム、職人が手で描いたという文字盤のロゴなど、“らしさ”がありつつも手が届きやすいプライスが魅力。文字盤には暗いところでもわかるよう蓄光塗料が施されています。

スナイデル新作おしゃれスポーツサンダル&レインブーツ、ヴィブラムと初コラボ

スナイデル(SNIDEL)の新作サンダル&レインブーツが、2020年6月5日(金)よりスナイデル全国店舗にて順次発売される。

スナイデル×ヴィブラム初コラボ
スナイデルの新作は、夏の日差しに映えるスポーツサンダルと、雨の日もおしゃれが楽しめるレインブーツの2型。いずれも優れた品質の靴底で知られるヴィブラム(Vibram)と初めてコラボレーションした機能性の高いフットウェアとなっている。

おしゃれカラーのスポーツサンダル

スポーツサンダルは、スナイデル別注カラーにより都会的なデザインに仕上げた。どんなコーディネートにもマッチする肌馴染みのよいカラーリングとなっている。ソールは、ヴィブラム「KAKKOIIソール」を起用。軽量なので歩きやすく、また厚底に仕上げることでさりげないスタイルアップを叶えてくれる。

アッパー部分は、内側にソフトな素材を内臓させることで肌あたりをやわらかくし、快適な履き心地を実現。

ワントーンの都会的レインブーツ

一方、レインブーツは、水に強い雨専用のソールを使用した。トーンオントーンの洗練された配色で、雨の日もおしゃれな足元に仕上げてくれる。デイリー使いはもちろん、アウトドアシーンにもおすすめだ。

転載先:https://www.fashion-press.net/news/61196

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ